• slide
  • slide
  • slide

波佐見焼

四方を山に囲まれた長崎県の小さな町で、古くから大衆向け日用食器として生産されてきた波佐見焼。今でも町内には伝統的な窯焼や生地や染付 の技術を受け継いだ職人の方々、新たな魅力を創り出す若い職人の方もたくさんいます。様々なニーズに応え試行錯誤を繰り返し、日用食器を中心に今も確かな 技術と熱い思いで作られています。

石膏型から

波佐見焼の多くは、いくつかの行程を多くの職人の手による分業で作られてきました。大量生産されることが多いため、製造行程の中に、生地となる土を流し込むための型を石膏で作る行程があります。
わんこうぼうでは、その行程の一部である石膏型の原型師として培ってきた技術を活かし、白磁を中心とした焼き物を創っています。

デザイン

わんこうぼうは「食卓に笑顔を添える器作り」をコンセプトに、身近な自然や出来事からのインスピレーションを基にデザインをしております。 ぜひ実際に見て、触れて頂ければと思います。お一人の時でも、ご家族やご友人方との食事でも、皆様と笑顔を共にできる器となれば幸いです。よろしければ、 わんこぼうの器をお傍にどうぞ。


はじまり

主に日用食器を製作している波佐見焼は、そのほとんどが大量生産が必要になるため各行程ごとに専門の職人の方々が分業で最終的な製品を作り上げていきます。製作過程において、完成品のデザイン模型となる原型製作や、捨て型と呼ばれる生地を流し込む外枠の製作をするのが一般的です。実は全体の行程の中で、この石膏型にかかるコストは比較的高いといわれています。

わんこうぼうは、元々その分業工程の石膏型作りをしていた夫に、自宅で使うための食器を頼んだことがきっかけです。もともと余った石膏を再利用して、試作作りや形の研究をしているのを見ていたので、たまたまイメージがわいたときに自宅用のお皿の原型を作ってもらいました。それから家族分と来客用の数個ができあがった頃、娘の知人の方のご好意で、グランドハイアット内にある南翔饅頭店様内にて展示をさせて頂けることになりました。これと同じ時期に窯業試験場から長崎陶磁器展が開催されるとお知らせがあり、試しに出品させて頂けることになりました。そこで入選することができ、偶然出品していた現物をご購入頂き、さらに追加でもらえないかとのご相談があったため、少しだけ作ってみようということになりました。

その後、地域を活性化のため一緒にイベントをやりませんかとのお話を頂き、現在の峠の里祭りに参加させて頂くことになりました。それから峠の里祭りに向け本格的に商品開発をはじめ、当初はわずかな商品のみでしたが、毎年峠の里祭りにも参加させてもらい、徐々に品数が増えていき現在に至ります。

日用食器の使いやすさを求めて

波佐見焼は日用食器として広まってきました。普段使ってもらえる、かつ使いやすいお皿をつくりたいとの思いで、わんこうぼうでは白い器を中心に製作しています。もともと絵付けの技術もなければ、窯焼きの技術があるわけでもありませんでしたし、町内にはたくさんの職人さんがいらっしゃます。もともと自分用の器を作ったことがはじまりだったこと、自分にも出来ることは、使うことを考えることだけでした。そこで作ることよりもまず使うことを考え、料理が映え、かつ使い回しのきく白い無地のままの器作りをしようと考えました。

原型をつくれる環境で

石膏型を作っている環境を活かして、わんこうぼうならではのちょっ変わった形の器をつくっています。白い器のためシンプルで使い回しのきくもの、また少し見慣れない形でも派手になりすぎず使いやすいものができるではないか、という考えの基、他ではあまりみかけないような形の器作りに挑戦しています。家族だけでひっそりと製作しており、わんこうぼうだけですべての行程を行えるわけではないため、多くの職人の方々の知恵と技術、お力を借りて製作しています。新しい形のものをつくると各工程でなにかしら改善しなければいけないポイントがでてきます。少しつずつ改善していき最終的な商品に仕上げています。